新築一戸建てを建てるなら相場を把握しよう

街並みを守るためのルール

女性

自然の残る街

鎌倉で中古一戸建てに住む方法はいくつかあります。まずは大きな方向性として、賃貸にするか購入にするかを決めることが重要です。定住するつもりはないが広い住空間が欲しい人にとっては賃貸物件が適しています。史跡保護や景観維持の観点から、鎌倉には高層マンションはあまり建設されていません。そのため一戸建ての賃貸物件も多いのです。さらに1時間もあれば横浜の中心部に赴ける立地の良さが、幅広い年齢層から注目される要因となっています。しかし一戸建ての賃料は集合住宅に比べると高くなります。住宅ローンの返済額と同等の金額を支払うのであれば、購入を選択するケースがほとんどです。特に鎌倉南部の海沿いの地域ではスタイリッシュな湘南の空気と、歴史ある古都の雰囲気の両方を味わうことができます。豊かな自然環境と利便性を兼ね備えた土地に生活の基盤を求めるのです。こうした背景から鎌倉では手頃な価格の中古一戸建てが人気を集めるようになりました。鎌倉は先に述べたように大規模な宅地開発が難しい地域です。売りに出されている土地があっても建築制限がかかっていて、家屋が建てられない場合もあります。中古一戸建てであれば既に建物が存在しており、住宅に関する法的な制限はクリアしているのです。電気や水道の契約を済ませればすぐに引っ越してくることができるのも魅力です。リノベーションを施した中古一戸建ては古臭さを感じさせず、周囲にもなじんでいます。